《僕と新日本プロレスと》新日本プロレスのブログ

主に80年代、90年代の新日本プロレスのアングル、名言を書いたブログです。

アントニオ猪木なら何をやっても許されるのか! 試合結果に納得がいかない前田日明の名言

プロレスラーは、マイクパフォーマンスで数々の名言をこの世に誕生させてきました。
そのマイクパフォーマンスに私たちファンも同じように、熱くなり興奮し、それによってストレス解消をしていました。

そんな熱いプロレスラー達が残した熱い名言をまとめていきたいと思います。

アントニオ猪木なら何をやっても許されるのか
~1986.2.6 前田日明の名言~

f:id:kent_copen:20210812203710j:plain

1986年2月6日 両国国技館 アントニオ猪木 VS 藤原喜明の試合結果に納得がいかない前田。

f:id:kent_copen:20210812210003j:plain
下腹部へのキック。

f:id:kent_copen:20210812210012j:plain
藤原のヘッドバットに合わせたパンチ。

f:id:kent_copen:20210812213144j:plain

最後は、スリーパーで絞め落とされた藤原。

ゴングが鳴った後、前田は、試合結果に納得が出来なかったのか、リングに乱入し、猪木の喉元にハイキックを見舞った。

f:id:kent_copen:20210812213600j:plain
猪木をキックで倒した後のシーン。


f:id:kent_copen:20210812213805j:plain

その後、新日本プロレスUWFのメンバーがもみ合いとなります。

その後に控室で前田は新日本プロレスに対して、この名言を口にしました。

アントニオ猪木なら何をやっても許されるのか!」


猪木の喉元付近への危険なキック、そして、新日本プロレスへの反逆的な発言。
アングルとしては、ギリギリのところだったと思います。
猪木も本当に痛そうでした・・・